ウォーキングの効果は30分でも十分に大きいんです!

実は、ウォーキングは1日30分でも効果大なんです!

ウォーキングは気軽に取り組めるスポーツとして人気ですよね。

しかし、「いっぱい歩かないと意味がない」と思っている方、多いのではないでしょうか?

間違った方法ではせっかくの効果も半減してしまいます。

効果的なウォーキングの方法と注意点を理解して、効率の良いウォーキング生活をはじましょう!

 

スポンサーリンク

ウォーキングの効果は1日30分で実感できる。キーワードは3つ!

ウォーキングはダイエットの他にも、ストレス解消や、生活習慣病予防の効果が期待できます。

1日30分で効果を実感する為に、大切なキーワード「3つ」をご紹介します。

 

キーワード① 早朝

ウォーキングをする時間帯で最も効果が高いのが「早朝」と言われています。

体内時計がリセットされることで、体温の調節機能が向上し、血流が高まります。

新陳代謝が良くなることで、ダイエット効果を発揮し、同時に体のコンディションも整えることができるのです。

 

キーワード② 続ける

効果をしっかりと出す為には、ウォーキングをしない期間を3日以上開けるのは避けましょう。

1日30分で脂肪燃焼効果を十分発揮しますが、3日以上開けてしまっては意味がありません。

なぜなら、ダイエット効果を顕著に実感できるのは、3ケ月目からと言われているのです。

3日以上間隔を開けずに、3ケ月続けることを最初の目標にしてみましょう。

 

キーワード③ 正しいフォーム

正しいフォームであることは、ウォーキングの効果を高める為に必要不可欠です。

以下のポイントをしっかり押さえましょう。

  • かかとから着地をし、つま先を蹴るように歩く。
  • 背筋をしっかりと伸ばす。
  • 腰の位置をなるべくズラさない。

慣れないうちは難しく感じるかもしれません。

しかし、意識付けをするだけでも効果を発揮することができます。

徐々にフォームを修正し、効率の良いウォーキングを心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

ウォーキングの注意点

簡単に始めることができるウォーキングですが、注意点がいくつかあります。

その中でも特に、以下の3つには気を付けましょう。

 

水分補給をしないこと

ウォーキングにとって、水分補給はとても重要です。

「走っていないから大丈夫」と思いがちですが、ウォーキングは思っている以上に体温を上昇させます。

脱水症状にならない為にも、こまめな水分補給を忘れずに。

 

ストレッチが不十分であること

脚に負担の掛かるウォーキングには、ストレッチが欠かせません。

ストレッチが不十分なことで、怪我をするだけでなく、ウォーキングの効果も半減してしまうのです。

ウォーキング前のストレッチを習慣づけましょう。

 

体調不良でも無理やり続けること

体調がすぐれない、そんな日もありますよね。

そんな時には、ウォーキングを一旦お休みしましょう。

無理やり続けることで、体調不良が長引いたり、数日間ウォーキングが出来ない、なんてことがあるかもしれません。

体調に違和感を感じた日は、しっかりお休みをして、万全の状態でウォーキングを楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ウォーキングは、誰でも簡単に始めることが出来るスポーツです。

1日30分で効果がでるなら、やってみて損はないですよね。

効果的なウォーキング方法を実践し、健康的でスリムな体を目指しましょう!

ウォーキングはダイエットやストレス解消にも効果があるんです。

詳しくは下の記事で確認してくださいね。

⇒ ダイエットで効果的に痩せる運動とは?毎日やるべき?

⇒ ストレス解消に効果の高い運動9選 屋外&室内

なおジョギング(ランニング)の時間の目安については次の記事で確認してください。

⇒ ジョギングの時間の目安はどれくらい?効果的な時間はこれ!

タイトルとURLをコピーしました