足首の痛みが「内側」にある時の原因と対処法まとめ!

足首の痛みの原因には、様々な要因があります。

その中でも足首の「内側」の痛みは、運動後や捻挫からくるものだけではありません。

このページでは、足首の内側の痛みの最も多い原因と、その対処法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

足首の痛みが「内側」にある場合の原因2つ

足首の痛みが内側にある場合、その原因は大きくわけて2つあります。

「外反母趾」と「靴の履き方」です。

では、これらの原因について少し掘り下げていきます。

 

外反母趾


外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がっている状態です。

あくまでも目安ですが、15度以上曲がっている方は、外反母趾の可能性が高いでしょう。

この状態では、正しく踏ん張ることができず、足首の内側に負担がかかってしまいます。

その為、外反母趾のまま歩行を続けると、足首の内側が炎症を起こしてしまうのです。

 

靴の履き方

足首の内側は、靴を履いた時などに摩擦を受けやすい部分です。

サイズの合わない靴や、締め付けがキツイ靴を履いた場合、炎症をおこす事があります。

また、女性は特に、ハイヒールを履く機会が多いですよね。

足の内側に力が入りやすいハイヒールは、足首の内側に痛みを発生させる原因の1つです。

足に負担のかかかる靴や、サイズの合わない靴を履くことで、足首の内側に痛みが発生してしまうのです。

外反母趾の方が、サイズの合わない靴やハイヒールを履く事で、よりひどい症状になります。

この悪循環を防ぐためにも、早めの対処を行いましょう。

 

スポンサーリンク

足首の内側の痛みを解消!おすすめの対処法3つ

靴の見直し


痛みの原因として挙げた「靴」は重要なポイントです。

ヒールの高いものや、サイズが合っていない靴を履き続けることで、痛みの悪化や、外反母趾を引き起こす原因になります。

特に、痛みがある場合は、スニーカーなどの負担が掛からない靴を選びましょう。

普段履いている靴の見直しを行い、症状の悪化を防ぐことが大切です。

 

インソールとテーピング

既に外反母趾で、足首の内側を痛めやすいという方におすすめの方法が、「インソールとテーピング」です。

靴の中にインソールを入れたり、足にテーピングをすることで、足裏のバランスをとります。

そうすることで、足首の内側に負担をかけずらくすることが出来ます。

 

アイシング

足首の内側が痛む場合、その炎症を抑えることが第一です。

氷や保冷剤、湿布などを使用して患部を冷やしましょう。

氷などを使用する場合は、10分に1回の休憩を入れ、冷やしすぎには注意してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

足首の痛みが「内側」に発生した場合の、原因と対処法をご紹介しました。

主な原因は、外反母趾と間違った靴の選び方でしたね。

足首の内側の痛みに悩んでいる方は、3つの対処法を試してみてください。

しかし、痛みの原因は、ここで紹介したものだけが全てではありません。

足首の外側が痛む場合は下の記事もチェックしてみてください。

⇒ 足首の痛みが「外側」にある時の原因と対処法まとめ!

症状を悪化させない為にも、症状がひどい場合は、お近くの病院で診てもらいましょう。

⇒ 足首の痛みで病院に行くべき?チェックするポイントはココ!

タイトルとURLをコピーしました