義理チョコの会社でのスムーズな渡し方とは?価格の相場は?

毎年バレンタインデーには女性社員が義理チョコを男性社員へ渡す、というのが通例となっている会社も多いでしょう。

ただ新しく立ち上がった職場などでは、チョコレートの渡し方に悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

義理チョコにぴったりのチョコレートの選び方や、スムーズな渡し方などについて、気を付けたいポイントをご説明いたします。

スポンサーリンク

義理チョコの会社での渡し方、選び方のコツ

義理チョコと言っても、販売されている値段はさまざまです。

会社の場合は、負担にならない程度の金額を選びましょう。

会社での渡し方は職場の状況によって変わります。

職場において男性が多い場合は、休憩の時間に給湯室などの共用のスペースに置いておくのがスムーズです。

この場合のチョコレートは、個別ではなく、大きな箱にたくさん入っているタイプのチョコレートを選ぶようにします。

また、女性の方が少ないのであれば、1人ずつ個別のチョコレートを用意して、配るのもおすすめです。

この場合、全員に同じ商品を用意するようにして、不公平感をなくします。

そして、あくまでも義理チョコですので、1対1の状況で渡さないようにしましょう。

配る際には、チョコレートにメッセージカードにお世話になっている気持ちの文言を一言添えると、より印象が良くなります。

スポンサーリンク

義理チョコの価格の相場は

会社によっても違いますが、義理チョコにどのくらいの価格が妥当なのか良く分からない方もいらっしゃるでしょう。

数年前にリサーチ会社が行ったバレンタインデーの調査によると、職場での義理チョコにかけた金額として、もっとも多かった回答は500円から1,000円程度で、おおよそ半数を占めていました。

その次に多かった回答が500円未満で、全体の約30パーセントほど、その次が1,000円から2,000円で、おおよそ15パーセントほどでした。

あまりにも高価な商品は、もらう男性にとって負担となることもありますので、500円程度のチョコレートを選ぶのが無難です。

ただ、いつもお世話になっている上司の場合には、少し良い商品を贈るのも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

就職や転勤などで、まったく初めての職場の場合、その職場のルールがあるかもしれませんので、事前に確認をしておくことが必要です。

義理チョコの習慣は、仕事をする上で必要となる、コミュニケーションを円滑にするというメリットもあります。

気軽な気持ちで、かつ「いつもお世話になっています」という、感謝の気持ちを込めて渡すようにしましょう。

義理チョコにについては下の記事も参考にしてくださいね!

⇒ 義理チョコを会社で渡す際に添えたいメッセージをご紹介!

⇒ 義理チョコを会社で配るときのおすすめポイントを教えます!

この記事が参考になったらシェアお願いします。これからも役立つ記事を書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました