コンタクトでも使える目薬は花粉症にも効果あり?

春や秋は本来ならば一番過ごしやすい季節ですが、花粉症の人にとっては症状が悪化する辛い季節です。

花粉症で代表的な症状に目のかゆみがありますが、コンタクトレンズをしたまま目をかいてしまうと、目を傷めてしまうことにもなりかねません。

コンタクトレンズをしたままでも使える目薬はとても便利ですが、この目薬は花粉症に効果があるのでしょうか?

今回はこのことについて紹介します。

スポンサーリンク

花粉症にコンタクトでも使える目薬は効果アリ?

ドライアイの対策としてよく使われている目薬ですが、コンタクトレンズをしたまま使用できるものもあり、その便利さから人気があります。

この目薬が花粉症に対しても効果的であれば、コンタクトをしていて花粉症に悩む人にとって、こんなに嬉しいことはありませんよね。

しかし、残念ながら花粉症に対する効果はありません。

花粉症の対策として目薬を使うのであれば、花粉症対策用の目薬を使用するようにしましょう。

残念ながら、花粉症に効果のある目薬はほとんどがコンタクトレンズを外して使用するものですが、ここには目を傷めない上で大切な理由があります。

市販の目薬には「防腐剤」が含まれています。

この防腐剤があることにより、開封しても成分を損なうことなく、長く使用することができるのです。

しかし、この防腐剤が角膜の細胞に影響を与えてしまい、角膜を傷つける可能性があるのも事実です。

コンタクトレンズは角膜の上に乗せて使用するものなので、裸眼の状態よりも角膜の負担が大きく、知らず知らずのうちに小さな傷をつけてしまうことがよくあるので注意が必要です。

コンタクト用の目薬なら防腐剤が含まれていないものがほとんどです。

最近は、コンタクトレンズを装着したまま使用できる花粉症用の目薬も発売されています。

こちらの目薬なら防腐剤が含まれていないので、そちらを使うようにすると安心ですね。

スポンサーリンク

花粉症対策として目薬を使う時の注意点

目薬を使う際、コンタクトレンズを使用している人は、そうでない人よりも注意が必要です。

次は、コンタクトレンズを使用している人が花粉症対策として目薬を使う時の注意点を3つ紹介します。

花粉症用の目薬を選ぶ

1つ目は、花粉症用の目薬を選ぶということです。

先述した通り、花粉症に効果がある目薬を使用しなければ、花粉症の症状を緩和することはできません。

花粉症用の目薬でも、炎症を鎮めてかゆみを抑える成分と潤いを与えて角膜を保護する成分の両方が入っている物を選ぶと、目の健康の上でも安心ですよ。

使う時はコンタクトレンズを外す

2つ目は、目薬を使う時はコンタクトレンズを外すということです。

もちろん、コンタクトレンズを装着したまま使用することができる花粉症用の目薬もありますが、目の安全を考えると、やはりコンタクトレンズを外して使用した方が良いです。

コンタクトレンズを使用する前と使用した後に点眼するようにすると、規則的に1日2回点眼することができるので、より効果的です。

使い捨てのコンタクトレンズを使用する

そして3つ目は使い捨てのコンタクトレンズを使用するということです。

使い捨てのコンタクトレンズの中でも、毎日取り換えるタイプのコンタクトレンズがおすすめです。

理由は、やはり清潔なレンズを使用することで目薬の影響を受けにくく、角膜を守ることにも繋がるからです。

スポンサーリンク

まとめ

コンタクトレンズを装着したままでも使用することができる目薬。

とても便利なことから人気ですが、残念ながら花粉症への効果は期待できません。

花粉症の対策として目薬を使用する時には、花粉症用の物を選ぶようにしましょう。

しかし、市販の目薬にはほとんどの物に「防腐剤」が含まれています。

成分を守る上で必要な防腐剤ですが、目の角膜を傷つける恐れがあるので、使用する時には防腐剤が含まれていない物を使うか、コンタクトレンズを外して使用するのが安心です。

少し手間はかかりますが、大切な目の健康を守るためにも、注意点を守って目薬を使いましょう!

そして少しづつで体質を改善して花粉症を改善することも考えましょう。

花粉症に効果があると言われるお茶もあります。参考にしてください。

⇒ 花粉症に嬉しいお茶!べにふうきは効果あり?

⇒ 花粉症に効くお茶!甜茶の人気の効果は?

タイトルとURLをコピーしました