コーヒーアレルギーの症状 知ってました?

食後のコーヒーやほっと一息つくときのコーヒーブレイクなど、毎日コーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。

コーヒーが大好きなのにアレルギー症状が突然発症してしまうときが誰しも起こりえます。

今回はコーヒーアレルギーの症状について説明しています。

コーヒーアレルギーの症状が出るとき

コーヒーのアレルギー症状は、飲んだらすぐに出ない場合が多く、数時間後か数日過ぎた後にあらわれるようです。

症状としては、頭痛、手の震え、下痢、体調の変化、蕁麻疹などで、今まで平気だったのに突然このような症状が出る場合があります。

それは、長年コーヒーを飲み続けた蓄積のために出た症状と言えます。

遅れて発症したアレルギー反応というわけです。

この発症は、カフェイン中毒の可能性と考えられていて、コーヒーなどのカフェインを日常的にとり続けている人ほど中毒になりやすいと言われています。

コーヒーを少ししか飲んでいないのにアレルギー反応が起こることも

これは、これまでコーヒーを飲み続けていないのにアレルギー症状が出ることを指しています。

今までの蓄積がなく少ししか飲んでいないのに、コーヒーにアレルギー反応が起こることがあるのです。

これはカフェイン過敏性と言われる中毒症状で、その量としては、1時間の間に6.5mg/㎏以上の値で発症する場合があるということです。

カフェイン過敏性の場合、少しの量で発症するということから、食べ物にも少しコーヒーが含まれていることがあるので注意しなければなりません。

微量で反応するということなので、例えばケーキやアイス、チョコレートにコーヒー成分が含まれていないか、品質表示で確かめた方が良いでしょう。

コーヒーアレルギーかどうか検査する

コーヒー含有が微量でも発症してしまうときがある怖さがありますが、実際に、コーヒーのアレルギーかどうか分からない場合もありますよね。

このように不安であれば、病院で調べてもらうこともできます。

血液検査で簡単に調べてくれます。ただ、保険がきかない検査なので、金額はあまり安くはないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?コーヒーを美味しく毎日飲んでいる人にとっては、まさか自分がアレルギーになるなんて思ってもみないのではないでしょうか。

ところが、そんな人ほど、コーヒーアレルギーというカフェイン中毒を発症してしまうかもしれないのです。

美味しくこれからも飲み続けたいですが、症状が出た場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょうね。

コーヒーアレルギーでお悩みの方は下の記事も参考にしてください。

⇒ コーヒーアレルギーが心配…カフェインレスなら大丈夫?

⇒ コーヒーにもアレルギーが!検査法は?

⇒ コーヒーアレルギーは検査キットで調べてみよう!

⇒ コーヒーアレルギーの治し方 なってしまったらどうする?

この記事が参考になったら「いいね!」お願いします。これからも役立つ記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました