コーヒーアレルギーは検査キットで調べてみよう!

コーヒーを飲むと胃がむかつく、吐き気がするといった症状が出る方は、もしかするとコーヒーアレルギーかもしれません。

アレルギーかどうか調べるための検査キットも発売されています。

アレルギーの症状や検査の方法などについてご説明いたします。

スポンサーリンク

コーヒーアレルギーを検査キットで調べる方法

いつもコーヒーを飲むと、どうもいつも腹痛がする、吐き気がする、めまいや湿疹などの症状が現れる場合には、コーヒーアレルギーの可能性があります。

コーヒーなどによって引き起こされる遅発性と呼ばれるものは、血液の中に含まれている”IgG”抗体によって引き起こされるとされています。

コーヒーアレルギーかどうかは、自宅でも検査キットを利用すると調べることができます。

自分自身でごく少量の血液を採取し、検査キットの中に入っている用紙に必要事項を記入し、指定された場所に送ります。

おおよそ2週間ほどで結果が郵送されてきます。

どの食材にアレルギーがあるか知っておくことで、自分自身の健康管理に役立てることができます。

スポンサーリンク

遅発性アレルギーとは

アレルギー源となる食材を食べると、発疹やじんましん、場合によっては呼吸困難といった症状がすぐに出るものは「即時型フードアレルギー」といいます。

即時型フードアレルギーの主な食材は、ソバや卵などがあります。

それに対して、食べてから数時間から数日ほど経って症状があらわれれるものを「遅発性フードアレルギー」と呼ばれています。

即時型は赤ちゃんの頃から症状が出る者がほとんどですが、遅発性は大人になって症状が出るものが多いです。

ある時を境にアレルギー症状が出るようになるものの、時間が経っていることや、これまで問題なく食べていたので、本人でもなかなか気がつきづらいのが特徴です。

スポンサーリンク

遅発性フードアレルギー検査

遅発性フードアレルギーかどうか調べるためには、アレルギー検査キットの他にも、病院で検査をすることも可能です。

ただ、どの病院でも検査ができるというわけではありませんので病院のホームページや、直接問い合わせをする等で対応可能か確認をして受診するようにしてください。

遅発性フードアレルギーの検査は現在、日本では保険適用ではありませんので実費を支払うことになります。

スポンサーリンク

まとめ

決まった食材を食べたときにのみ体調不良の症状が出る、もしかしたらアレルギーかもしれないと思ったら、アレルギー検査キットで調べて、今後の食生活の改善につとめましょう。

コーヒーアレルギーでお悩みの方は下の記事も参考にしてください。

⇒ コーヒーアレルギーの症状 知ってました?

⇒ コーヒーアレルギーが心配…カフェインレスなら大丈夫?

⇒ コーヒーにもアレルギーが!検査法は?

⇒ コーヒーアレルギーの治し方 なってしまったらどうする?

タイトルとURLをコピーしました