クリスマスカード メッセージの例文 感謝を込めるには?

クリスマスカード メッセージの例文をお教えします。

1年の中でも最もワクワクする大きなイベントと言えばやはりクリスマスです。

今年は、クリスマスの風習にのっとって、クリスマスカードにメッセージを添えて送ろうと思っている方もいらっしゃると思います。

どのようなメッセージを書けばよいのか、例文と書き方のポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク

クリスマスカード メッセージの例文とポイント

クリスマスカードへ添えるメッセージのポイントとしては、相手への感謝の気持ちと、相手の幸せを祈るという2つの気持ちを込めることがポイントです。

また、「〇〇さんへ」など、相手の名前を書くことで、よりその方に対しての特別な感じがします。

そして、メッセージの文面自体は、短くても構いません。むしろ短い文の方が、シンプルに気持ちが伝わり、カードに余白が出て見栄えが良いと考える方もいます。

誰にでも使える例文

誰にでも使える例文としては、日本語では、

「〇〇さんへ。いつも私を元気にしてくれてありがとう。メリークリスマス!」

「〇〇くんへ。今年もクリスマスを一緒に過ごせて嬉しいです。Merry Christmas!」

などがあります。

最後に「メリークリスマス!」と入れると、よりクリスマス感がアップします。

また、英語で文章を書くのもおすすめです。

「Let’s stay together forever!(これからもずっと仲良くね)Merry Christmas!」なども誰にでも使えます。

スポンサーリンク

クリスマスカードを送るときの注意点

日本の場合ですと年賀状はお正月より前には送ることはしませんが、クリスマスカードは、早い時期から送りはじめます。

具体的には11月末のサンクスギビング(11月の第4木曜)ごろから送りはじめます。

届いたカードはクリスマスのインテリアとして飾りますので、早い方が良いのです。

また、海外の知り合いなどに送る場合には、12月終わりになると、国や地域によっては郵便が混みあうために、届くのが遅くなることもありますので、できるだけ早く送るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスには、大切な人、お世話になった人、なかなか会えない遠くの友人など、相手のことを考えながらクリスマスカードを選んで、気持ちがこもったメッセージを入れて贈るととても喜ばれます。

また、恋人や家族など、普段一緒にいて、敢えて口に出さないことでも、文章にすることで、お互いの気持ちを改めて確かめあうこともできます。

是非クリスマスカードを贈ってみましょう。

下の記事も参考にしてください。

⇒ クリスマスカードにメッセージを添えて恋人に贈ろう!

⇒ クリスマスカードのメッセージ お客様に効果的なのは?

⇒ クリスマスプレゼント決定版!妻に喜ばれるランキングベスト3!

⇒ クリスマスプレゼントに!子供向け1000円でも喜ばれる商品とは?

タイトルとURLをコピーしました