クリスマスカードのメッセージ お客様に効果的なのは?

クリスマスカード メッセージをお客様へ贈ってみましょう。

日本ではそれほど浸透していることではありませんが、本場の国々では親しい方、お世話になった方々とクリスマスカードをやり取りして、1年間のご挨拶と、相手の安否の確認、健康と幸せを祈る、という習慣が根付いています。

日本でおなじみの年賀状に近いものです。

お店など商売をされていて、お世話になっているお客様や取引先などへ、1年間の感謝の気持ちと、お店のアピールも込めてクリスマスカードを送ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

クリスマスカード メッセージをお客様へ送る

カードにメッセージを添える場合、「本年はご愛顧いただき誠にありがとうございました。今後もよろしくお願いします。Merry Christmas!」など、お客様への感謝の気持ちと、幸せを祈る、といった気持ちを押し出した文章にするのがおすすめです。

また、クリスマスカードの場合、文章自体は簡潔なもので良いので、すべて手書きで書くのが基本だとされています。

送ったカードを飾ってもらえたら、より良い関係を築いている証だといえます。

スポンサーリンク

お客様へクリスマスカードを送るメリット

お得な情報やサービスを記載することで、次年度の来店促進にもつながります。

近年はインターネットが普及したため、電子メールやSNSで発信することでメッセージを伝えることはできます。

しかし素敵なクリスマスカードが届き、さらにカードに気持ちがこもったメッセージが添えられていると、受け取った側はとても嬉しく思うものです。

海外のお客様が多い業種であれば、なお効果が高くなると考えられます。

日本らしいデザインのカードを選ぶのも喜ばれます。

スポンサーリンク

お客様へクリスマスカードを送る時期

キリスト教圏におけるクリスマス前の1か月間は、「降臨節」と呼ばれるとても神聖な時期です。

海外に発送する場合は、この時期の早いうちにクリスマスカードを送るのが良いとされています。

日本の間隔でクリスマス直前に届くように送ってしまうと、受け取る側はすでにホリデーに入っていて、気が付かれなかった、せっかくのカードを飾ってもらえなかったという可能性もあるためです。

早めの発送を心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスカードにお客様への感謝の気持ちを込めたメッセージを添えることで、お店の宣伝、ひいてはビジネスチャンスを広げることにつながります。

少し手間暇がかかりますが、素敵なカードを選び、メッセージに心を込めて、とっておきのクリスマスカードを送ることによって、お店に対する印象をアップさせ、アピールを行いましょう。

よかったら下の記事も参考にしてください。

⇒ クリスマスカード メッセージの例文 感謝を込めるには?

⇒ クリスマスカードにメッセージを添えて恋人に贈ろう!

⇒ クリスマスプレゼント決定版!妻に喜ばれるランキングベスト3!

⇒ クリスマスプレゼントに!子供向け1000円でも喜ばれる商品とは?

タイトルとURLをコピーしました